PAGETOP

日本老人福祉財団について

日本老人福祉財団が目指す「高齢者コミュニティ」とは…

皆さんは、有料老人ホームというと、どのようなところをイメージしますか?
特別養護老人ホームと同じように、要介護の方々が暮らしているところを思い浮かべるかもしれません。実際、有料老人ホームの多くは、要介護状態となり一人で生活することが困難になってから入居することを想定して運営しています。

これに対して、私たちの〈ゆうゆうの里〉は、要介護状態になり手助けが必要になってから入居するのではなく、元気な時に入居して第二の人生を謳歌する終の棲家、という大きな特徴があります。もちろん、介護が必要になった時は、一人ひとりのその時の状態に合わせて、生活支援、身体介護、看取りなど、安心していただけるサービスを提供しています。

一般財団法人
日本老人福祉財団
理事長 青木 雅人

このように、介護や医療に裏付けられた「生涯安心」のもと、憂いなく存分に自分の好きなことや夢にチャレンジしていただく“元気付”有料老人ホームを、私たちは目指しています。仲間とともに生き生きと生活する高齢者コミュニティづくりを通して、地域社会の福祉ネットワークづくりに貢献しているのです。

この高い目標を達成するには、身体的ケアや精神的ケアを含めた、総合的なケアに関するテクニックとスキル、そしてマインドを持った優秀な「人財」が不可欠です。そのため、私たちは、職員実践研究活動や事故ゼロ活動、接遇マナー向上活動などを推進し、従来から職員教育に力を注いできました。現在は、さらに新しい育成方針や研修体系の検討を進めて充実を図っています。また、財団は“元気付”有料老人ホームの新規建設も、意欲的に検討しているところです。

私たちは、ご入居者一人ひとりの夢へのチャレンジを後押しするだけではなく、職員一人ひとりにとっても、夢にチャレンジして、職業人として人間として成長することができる“元気付”有料老人ホームでありたいと考えています。

財団には、チャレンジするに値するフィールドがたくさんあります。多様なフィールドでチャレンジしてみたいという意欲と、一人ひとりの暮らしを支えていきたいという優しさを持った皆さんを、心よりお待ちしております。
ともに働き、ともに成長していきましょう!

基本理念とケア・スピリット

【基本理念】

ご入居者が安心して幸せな生活を送ることができて、同時に職員がそこで働くことに誇りを持てることが日本老人福祉財団の運営の基本です。この運営を通じて実現しようとする方針や目的を、あるべき状態の基本的な考えとして明確に示したものが「基本理念」です。

【ケア・スピリット】= 私にとってあなたはとても大切な人です。

ケア・スピリットとは、私たち日本老人福祉財団職員の基本精神です。
サービス向上の取り組みの中で、職員自らが生み出し、指針としました。

「私にとって」とは 私という“個”として捉えているのは、その時、その場でかかわるのは一人ひとりの単位であるということを強調しています。みんなでまたは誰かと一緒にではなく、“私”という個人です。
「あなたは」とは ご入居者・ご家族はもとより、上司、先輩、同僚、後輩さらに関連する外部の方までに及びます。私たちはご入居者・ご家族に高い満足感を日々お持ちいただくことが仕事です。さらに自分の毎日の仕事は職場の人たちとの連携で進められます。すなわち、周囲の方が自分の仕事を支えてくれる、協力してくれる状況がなければ仕事は進みません。したがって、“あなた”とは、内・外の多くの関連する方々を対象としています。
「とても大切な人」とは その方のしてほしいことを、心を込めてして差し上げたくなるような、例えば、両親・家族・尊敬する人など、自分にとって「とても大切な人」だからこそ、心から相手の立場に立てます。

全国に展開する〈ゆうゆうの里〉
1976年 浜松〈ゆうゆうの里〉開設
1979年 伊豆高原〈ゆうゆうの里〉開設
1983年 神戸〈ゆうゆうの里〉開設
1983年 湯河原〈ゆうゆうの里〉開設
1985年 大阪〈ゆうゆうの里〉開設
1988年 佐倉〈ゆうゆうの里〉開設
1997年 京都〈ゆうゆうの里〉開設